2009年09月07日

久々の邦画♪

映画の余韻を著しく引きずるChiroです。
好きな映画に出会うとウキウキします♪

先月はCATVで、宮崎あおい特集だったのか、
やたらと主演映画を見ました。
宮崎あおい、好きです〜♪

★「陰日向に咲く(2008)」
公開当時、見たいなぁー、と思っていたのですが、
こんなに早くTVで見れるとは(@o@!)
人と人との繋がりや、人間らしさを感じさせてくれる
なんだか優しくて良い映画でした。
途中で流れる箸休め的な映像に、
…あれ?もう終わり?って時々勘違いしそうになりました。

★「初恋(2006)」
映画館へ見に行ったときも感じたけど、終始暗い印象です。
さすがに2度目の鑑賞は、退屈といえば退屈でした。
(…ちょっと流し見。)
3億円事件はリアルタイムには感じていない私ですが、
70年代の服装やインテリアなどには興味を持って見れました。
決行日の雨の中の視界と同じく事実ははっきりしないですね…。

★「初雪の恋 ヴァージン・スノー(2006 日本・韓国)」
学園コメディーかと思うような始まり方、
途中からは、しっとりした純愛モノに…。
このギャップはなんだろう…。
舞台は京都と韓国を行ったり来たり。
「こんなウマイ事いくわけないやん。」って冷めた目で
観てしまい、私にはちょっと退屈でした。

★「ただ、君を愛してる(2006)」
公開当時は、「せかちゅう」だの「いまあい」だのと、
純愛モノ話題作に便乗して(?)「ただきみ」というのが、
薄い策略に感じて、全く観る気もしなかったのですが、
(“せかちゅう”は見たけど面白くなかったし。)
今回CATVでたまたま観て良かったですvv
すごく好きな映画でした。
…3回観た。

タイトルからして、自分から選んで観ることは
絶対になかっただろうと思います(^^;)

ストーリーは、きっとこうなるんだろうな…と
予想した通りの展開になるくらいのシンプルさ。
でも、「好きな人が好きな人を好きになりたい」とか、
ところどころにでてくる言葉の表現や
爽やかで清々しい登場人物のキャラクターも好きです♪

宮崎あおいも最高にカワイイし、服装もカワイイし、
玉木宏のちょっととぼけたキャラも良かった。
風景も美しいし、何もかも好きでした♪

…おかげで、また一眼レフ欲しい熱が〜(*_*!!)

あと、こちらも観たいと思っていた映画ですが、
★「パコと魔法の絵本(2008)」
予想よりも、はちゃめちゃでした。
映画を観たあとに、映画の元になった原作劇の
「ガマ王子VSザリガニ魔人」を観ましたが、
セリフまで事細かに同じだったのが、意外でした。
違いはニューハーフキャラとアニメでしょうか…。
あとはやっぱり映像美。

観る映画を好きな俳優で選んでみるっていうのも、
良いですねvv

宮崎あおいとか、永作博美とか、
YUKIとか、Superflyとか、
私はやっぱり童顔な方が好きみたいです(@o@*)


posted by Chiro at 23:50| Comment(0) | 映画・TV・漫画とか。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。